キャッシングする上で知っておくべき基礎情報!!

キャッシング業者における上限金利の制限

消費者金融からのキャッシング、カードローンなど、
最近では様々な名称の貸金業者が増えてきました。

しかし、それらを縛っている法律というのは、貸金業法と利息制限法です。
どんな貸金業であろうとも、キャッシングであろうとも、この法律は一緒なのです。

ちなみに、キャッシングなどでお金を貸す際には、
元本だけを返せばいいというものではありません。
元本以外にも、利息というものを支払わなければなりません。

利息制限法の上限金利について

その利息ですが、これは利息制限法によって、上限金利が制限されております。
利息制限法によると、この金利の制限は、貸しているお金の元本によって変わってきます。
キャッシングの元本が100000円以下の場合には、年利20パーセント未満です。
100000円以上100万円未満の場合には、年利は18パーセントとなっております。
そして、キャッシングの元本が100万円以上ですと、
金利の上限は年利で15パーセントとなるのです。

ただし、実際のところは、ほとんどのキャッシングの業者においては、
通常の支払における金利の上限を18パーセントに設定しております。
20パーセントの上限金利が適用されるのは、
延滞をしたときの損害金として適用されるくらいです。

優良顧客を獲得?

また、顧客サービスの一環として、上限金利を20パーセントよりも
かなり低くしている会社もあります。
ただしこういった会社の場合は、審査がとても厳しいのが常です。
審査が厳しい中残っている顧客というのは、優良顧客です。
優良顧客に貸していれば、回収率は高くなります。
回収率が高いということは、確実に計算できる利益が
キャッシング業者には入ってくるということ。
それならば、金利を低く抑えて顧客サービスを向上し、
どんどん優良顧客を獲得しようというのです。

一方、そうでないキャッシング会社の場合、
必ずしも優良顧客だけではありません。
中には滞納している顧客もいます。
そんな中でキャッシングで利益を出すためには、利息で稼ぐしかないのです。

COPYRIGHT© 2013 キャッシングの基礎情報 ALL RIGHTS RESERVED.